top of page
  • 執筆者の写真後藤吾郎

理学療法士ってどんな仕事?どんな経験したの?


高校卒業して、大学4年通って、国家試験に受からないとなれない資格です。

主に病院やクリニックなどに勤めています。皆さんがケガや病気をしたときに、一度動けなくなってもまた自分で歩けるように、移動出来るようにご支援差し上げる仕事ですね。

私は高校生の時に病気で親友を亡くし、「人の命を救いたい」と考えました。

医学部を目指していましたが失敗、浪人時代に看護学校に通っていた姉から「理学療法士」という仕事を教えてもらいました。猛勉強の末に地元の県立大学に合格することが出来ました。

病院には約13年勤務しました。一般病棟だけでなく集中治療室や無菌室の中に入って患者さんとリハビリやっていました。

がん患者に対するリハビリを専門にやっていました。多くの看取りも経験しました。

意識もなくて死の淵にいた方が元気に歩いて退院するのを見る時は堪らなく嬉しいものでしたね。



0件のコメント

Commenti


bottom of page