top of page
  • 執筆者の写真後藤吾郎

趣味その2「バイオリン




バイオリンは5歳から18歳までレッスンに通っていました。今となっては不思議なご縁なのですが、バイオリンの先生のご実家が鎌倉市内で、毎年夏の花火大会に合わせて夏合宿を行い、茨城県から鎌倉市にお邪魔していました。合宿の合間に鎌倉大仏や鶴岡八幡宮、銭洗弁天など観光していた記憶があります。

あれから30年ほど経っていますが、鎌倉市内の景観もだいぶ変化したと思います。古都鎌倉として残すべきもの、時代の変化に応じて変えるべきもの、長いスパンで計画する時期に差し掛かっていると思っています。

0件のコメント

Opmerkingen


bottom of page